北海道の小豆畑

先日北海道に畑を見に行ってまいりました。

数年に一度小豆畑を見に行くのですが、今年はご存じの通り北海道にあまり来ないはずの台風が3つも上陸してその被害状況も合わせて見に行きました。

結果から言うとやはり河川の被害は多方面であり、ジャガイモなどの作物も影響の出た地域もありました。小豆に関しましては私の契約している地域に関してはほとんど問題はなく一安心でした。

小豆の他に見に行ったものは、通称「砂糖大根」と呼ばれる「甜菜」という作物です。見た目は本当に大根かカブラなんですが、サトウキビから砂糖を作るよう に、この「甜菜」から砂糖を精製するのです。北海道ではむしろサトウキビより甜菜が一般的です。あん庵の使っている砂糖も多くはこの甜菜から作った北海道 産の砂糖を使っているんです(^^♪

そして帯広には有名な「六花亭」さんがあるのですが、北海道では同じくらい有名で評判の「柳月」さんがあります。今回「柳月」さんにお邪魔を致しまして社長とお話しをさせて頂く事が出来ました。お会いするだけで緊張しましたが、本当に分かりやすく色んなお話をして下さり自分の至らなさを素直に反省し、またすごく勇気が湧いてきました。それほど社長のお話しにはエネルギーがこもっていました。田村社長ありがとうございました。

「うすいえんどう大福」

先日試作で大好評を得た「うすいえんどう大福」が再び5/7に登場しました

えんどう豆は炭水化物を多く含んでいて、その他にもビタミンB1・B2・B6、食物繊維、カロチン、カリウム、鉄分など、栄養素が豊富なんです。

名前の由来はなんと大阪府羽曳野市碓井(おおさかふ はびきのし うすい)なんです!明治時代にアメリカから入ってきた実えんどうが、この碓井の地に来たそうで、羽曳野市が発祥の地なんですね!南河内では唯一大阪府認定の「なにわの伝統野菜」に選ばれています。

羽曳野市の農家さん・北野阿貴さんが丹精込めて作ったえんどう豆を使用。うすいえんどうをこよなく愛する北野さんのえんどう豆は又絶品です^^

「なにわの伝統野菜」
(1) 概ね100年前から大阪府内で栽培されてきた野菜
(2) 苗、種子等の来歴が明らかで、大阪独自の品目、品種であり、栽培に供する苗、種子等の確保が可能な野菜
(3) 府内で生産されている野菜
大阪府HP
http://www.pref.osaka.lg.jp/…/naniwanonousanbutu/dentou.html

吉村家住宅にて

今日は重要文化財の吉村家住宅での講演でした^ ^
たくさんの方に来て頂けて緊張しましたが、何とか無事終わりました^ ^
こんな素晴らしい文化財の中でお話できたことはとても光栄です^^

関係者の皆様本当にありがとうございましたm(_ _)m