お菓子をつくる理由

みなさん、初めまして。店主の松田です。

So sweet so happy!
和菓子で世界をしあわせに!
という想いで日々和菓子を作っております。

お菓子を食べると必ず笑顔になります。お菓子を怒りながら食べる人はいませんよね、きっと。
僕は幸せだから笑顔になるんじゃなくて、笑顔になると幸せになるって思ってます。
ゆえにお菓子を食べると幸せになると信じています。

一人でも多くの人が幸せな気持ちになる事が和菓子職人に出来る僕の夢の一つです。

お菓子を食べる時。自分へのご褒美!も、もちろん大切な人の笑顔が見たい時!
そんな時にささやかなお手伝いが出来ればと思ってます。



素材について

北海道十勝産低農薬有機栽培小豆

生産者さんと

あん庵の小豆は北海道帯広の地で栽培している低農薬有機栽培のエリモショウズという良質の小豆です。何年かに一度現地に足を運び小豆の状態や栽培について生産者さん達とお話しています。
私たちが普段使用している小豆が一体どんな形でどういう方が育ててるのかを知るって本当に大事な事と思います。逆に生産者さんは最終的に自分達の出荷した小豆がどう加工されたのかは中々分からないのです。ですので、この小豆で作ったお菓子をお渡ししたときは本当に喜んで下さってました。
こういう繋がりが大事だと思いますね。

滋賀県 羽二重もち米

生産者さんと製粉屋さんと一緒に

滋賀県の羽二重もち米「雪姫」を栽培して頂いてます。
もちもちでキメが細かいのが特徴です。あん庵ではこのもち米を製粉屋さんに搗いて粉にして頂き、羽二重餅とか作ったりしています。
田植えや稲刈りもさせて頂きました。

羽曳野産いちじく/ブラックいちじく

あん庵本店のある羽曳野市はいちじくの栽培が盛んです。そのいちじくを使ってお菓子を何個か作っています。

いちじくは朝に摘むのですが、最初「朝」って言うから4時とか5時を想像してたのですが、早ければ2時とからしいです。しかも天候に左右されるので本当に大変な仕事だと思います。

こちらは完熟してもこのサイズのブラックいちじく。新種です。
色も濃いし濃厚で皮ごと食べられるので大福に使ったりしています。

うすいえんどう

羽曳野市に「うすいえんどう」を作ってる農家さんがいらっしゃいます。
「うすいえんどう」 自体はご存知の方も多いと思うのですが、元々は羽曳野の「碓井(うすい)」から来たものとはあまりご存知ではないみたいです。

その碓井にうすいえんどうを復活させたいという想いで農家をはじめた北野さん。本当にいいものを作ってらっしゃいます。あん庵では収穫の時期に(5月)特別な豆大福というものを作っていますが、もちろん豆ごはんなど豆自体も楽しんでくださいね。