仮面の少女・愛

富田林市内に俳優の新屋英子さん(ご存知の方も多いと思いますが、舞台を3000回もこなす大女優さんで、TVや映画も多数出演されてます)という方が在住されてまして、その一座の小林育栄さんの舞台がありました。タイトルがその舞台の題名なのですが、すごく良かったです。表現力が豊かで観客を引き込むような存在感でした。ストーリーもクライマックスでは涙する感動作でした。

舞台の後、同窓会がありまして(毎年オーディションで出演者を募り、その演劇の一座の同窓会)参加させていただきました。いや、僕は演劇なんて出来ないのですが、息子と娘が参加させてもらったのと、新屋英子さんの1人芝居の2000回講演の時にお菓子を作らせて頂いたことで、ご縁があります。挨拶までさせていただきまして、ありがとうございました。

以前忘年会(だったと思います)に呼んでいただいた時、ご自宅の舞台で「外郎売り」を披露されて、その早口と滑舌のすごさにめちゃくちゃ感動いたしました。あん庵喜志店(売り場面積7坪ほど)でも一度一人芝居をして頂いたことがありまして、あんなに近くから演劇を見たのは初めてでした。感謝。