商品紹介

あん庵~インフォメーション~

































素材や食感


ほんわかテレビで紹介された和菓子で作るお寿司の作り方
YouTubeで配信中

今年ももうあとわずかになりました。1年間ありがとうございました。そして来年もどうぞよろしくお願い致します来年は平和で素晴らしい年になればいいですね。
年末年始は休まずに営業
12/31  17:00までの営業1/1-1/5 10:00-16:00の営業1/8~  通常の営業 
1/6(水)1/7(木)はお正月休みを頂きます
お正月用のギフト菓子・上生菓子たくさんご用意しています。今年は帰省できないのでお菓子を贈られる方も多いです。大切な方へ笑顔を届けてみてはいかがでしょうか。

【富田林喜志店の営業時間変更のお知らせ】

諸事情により当面の間下記のように営業時間を変更いたします。
お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますがなにとぞご理解の程よろしくお願いいたします。


あん庵富田林喜志店
11/16(月)より 当面の間
開店時間 10:00
閉店時間 17:00
定休日 水曜日

●羽曳が丘本店は通常通り営業しております●

従業員募集中

羽曳が丘店:販売員・事務/広報・製造補助
喜志店:販売員・店長候補


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: EOS52105kweb10-1-600x400.jpg

アマビエのお菓子

今、全国の和菓子屋さんでコロナウイルスが収まってほしいという願いで「アマビエ」のお菓子を作る動きが盛んになっています。

【アマビエ】半人半魚の妖怪で疫病などを予言し、自分の姿を写して人に見せると病気が避けれるというような伝説があるそうな。

元々その「アマビエ」をよく知った人がネットで話題にしたところ全国的に広まったそうです。コロナが終息してほしいという想いですね。

その流れで、とある和菓子屋さんがお菓子にしたところ、全国の和菓子屋さんにもSNSで一気に広がったという感じです。

販売してるかどうかは各和菓子屋さん次第ですが、いろんな「アマビエ」が見れるのは閉塞感のある今の状態が少しでも改善出来たらなぁという意味で、良い動きだと思います。

皆さんの近くの和菓子屋さんにもひょっこり顔を出してるかも知れませんね(^^

あん庵でも作ってみました。そしてお問い合わせも多かったので販売することに致しました。よろしくお願いいたします。

YouTubeではこのアマビエの作り方をUPしていますのでご覧になったくださいねhttps://www.youtube.com/watch?v=vtU_J3hKmkM

 

***************************************************

以下の予定は社会情勢により予告なく変更する可能性があります。ご理解の程宜しくお願い致します。

————————————————

 

11月の予定

1日(日)シューの日

4日(水)定休日

11日(水)定休日

15日(日)小学生和菓子コンテスト発表

16日(月)豆大福の日

18日(水)定休日

23日(月・祝)小学生和菓子コンテスト受け渡し

25日(水)定休日

******************************************************

お知らせ:

2020/7/1よりビニール袋を1枚につき5円頂戴することになりました。
皆様方のご理解宜しくお願い申し上げます。

******************************************************
 
10年ぶりにTVチャンピオン出場!!
そして3度目の優勝することが出来ました。
ひとえに皆様のおかげです。
ありがとうございました。
 
 
 
 

********************************************

河内を中心に半夏生(はんげしょう)の日に食べる昔ながらの「赤ねこ餅」をヒントに現代に合う大福を作りました。糖尿病の方にも食べやすい形でのご提案です。もちろん食事制限が無い方も美味しく食べられます(^^♪


「はみんぐ南河内」をはじめ、各方面でご活躍の管理栄養士・時岡奈穂子さん監修で研究開発。試作を重ね完成しました(^^♪

<管理栄養士・時岡奈穂子さんコメント> 赤ねこ大福は小麦の粒の食物繊維が豊富で、生活習慣病の食事療法中の方も、そうではない方も、みんなが食べて笑顔になれる素敵な大福です。

<はみんぐ南河内>
はみんぐ南河内は地域で栄養指導や食育を行う管理栄養士のグループです。食を通してたくさんの笑顔が広がるように~いただきますのお手伝いをしています。


このプロジェクトは
HABIKINO Smile For Two
皆さまがヘルシー和菓子を食べて溢れる「美味しいSmile」が次の「いただきますのSmile」につながる、あん庵×ちるさぽ×はみんぐ南河内の取り組みです。


羽曳野市で課題を抱えた子どもたちをサポートする「チルドレンズ・サポート・ネットワーク」
この「赤ねこ大福」が1個売れるごとに10円の寄付を「ちるさぽ」に致します。

 
百舌鳥古市古墳群クッキー
「はにわのかくれんぼ」
このクッキーは百舌鳥古市古墳群を世界遺産に登録を目指す運動を応援すべく生まれたお菓子で、古墳にまつわる形の楽しめるクッキーです。地元の色々な方と協力して作り上げました。
古墳の中に出てきそうな形のクッキーが土に見立てたアーモンドクッキーに埋もれてますので探し出してください。お箱によって探し出せるクッキーは違うかもしれません。ちょっとレアな形も登場するかも知れませんね。
外箱の種類は3種類、古墳の説明カードは何と14種類あります!ぜひ全部集めてみてくださいね。
読売新聞さんの取材です(^^♪
http://www.yomiuri.co.jp/local/osaka/news/20160414-OYTNT50401.html
写真提供
羽曳野市教育委員会
藤井寺市教育委員会
堺市パッケージ・カードデザイン
岩﨑美保(大阪芸術大学)
観光交流施設きらめきファクトリー
(富田林市)もずふる応援隊 団体員
和菓子工房 あん庵 スタッフ一同
順不同・敬称略

/ 円 (税込) / 日持ち: